Skip to content

Metaアカウントはこちらです。Metaの新しいアカウント構造により、利用者はMeta VRデバイスで強化されたプライバシーオプションの管理をより柔軟に行えます。 詳しくはこちら

責任あるイノベーションは、プライバシーとともに始まります。

プライバシーはイノベーションの出発点にあるべきで、後から付け足すものではありません。家庭で使用され、大切な人とのつながりを築き、メタバースへの入り口となる製品では、このことが特に重要となります。

室内で白いMeta Questヘッドセットを装着し、正面を向いている男性。

Metaは、プライバシーを最優先に考えて製品をデザインしています。また、市民権、アクセシビリティ、人権、安全性などの分野の専門家や、学術機関、政府機関、Meta製品の利用者の協力を仰いでいます。

その結果として生まれたのが、人がデバイスにコントロールされるのではなく、人がデバイスをコントロールすることを可能にするツールです。

 黄色い壁を背景に互いに寄りかかって微笑む女性の画像。

Metaの責任あるイノベーションの原則

人と人のつながりとプライバシーを念頭においてイノベーションを推進するために、Metaのチームは次の原則に従って新製品を開発しています。

人を最優先に考える

人を最優先に考えるテクノロジーのデザインは、利用者のデータの管理に責任を持つことから始まります。そのためには、いつどのような理由でデータを収集するかを常に意識し、収集する場合は必ず機密性を尊重して取り扱います。

Meta Quest Proの重要なデザイン原則の一つに、ヘッドセット(および有効になっているあらゆる機能)を適切に機能させるために収集するデータは必要最小限にとどめる、というものがあります。利用者データはMeta Quest Pro上で暗号化され、センサーとカメラからの画像データが利用者の許可なくデバイス外に送信されることはありません。

詳しくはこちら

Questは、あなたのデータを保護するようにデザインされています。クラウドバックアップのデータの安全性を確保するため、アプリデータは暗号化されます。Oculus MoveのデータをMeta Questアプリと同期することを選択した場合、Moveの統計データもエンドツーエンドの暗号化によってMetaのサーバー上で保護されます。

Metaとサードパーティアプリのいずれも、利用者の物理環境の画像や動画にアクセスすることはできません。

詳しくはこちら

あなたの記憶はあなただけのものです。Metaは、利用者のスマートグラスとアプリの信頼性、安全性、正常な動作に必要なデータのみを収集します。利用者は、さらに豊かな体験を得るために追加のデータを提供することを選択できます。

詳しくはこちら
玄関先で一緒に微笑む家族。

重要なことにコントロールを提供する

利用者を最優先に考えてデフォルトのプライバシー設定を作成するだけでなく、利用者が自分のプライバシーを自分のやり方で管理するためのツールを提供することもMetaの責任です。そのためには、透明性と使いやすさを考慮したコントロールをデザインするとともに、Meta製品の使い方を選択するために必要な情報を利用者に常に提供する必要があることを認識する必要があります。

Meta Quest Proでは、アイトラッキングや自然な表情機能を使用できるMetaまたはサードパーティのアプリを管理できます。これらの機能は、デフォルトではオフになっています。

詳しくはこちら

いつでも他の利用者をブロックしたり、VRで不快に感じた人物を報告したりできます。

詳しくはこちら

明確なプライバシー設定により、Metaと共有する情報を管理・制御できます。音声録音やアクティビティログを保存するかどうかを選択することも、アシスタントがリクエストを聞く方法をカスタマイズすることも可能です。

詳しくはこちら
Meta Questヘッドセットを装着している女性の背景。

あらゆる人を考慮する

Meta製品に接する可能性のあるすべての人に配慮することは非常に重要です。そのためには、万人向けではなく、インクルージョンを念頭にハードウェアをデザインする必要があります。これはMeta一社だけで実現できることではありません。そのため、当社では利用者調査を実施し、意見を仰ぐために社外の専門家と協力しています。

VRを利用しやすくするために、Quest Proおよびそれ以前のモデルのヘッドセットには、設定に[アクセシビリティ]タブがあります。このタブでは、ヘッドセットのデフォルトのテキストサイズを変更したり、区別しにくい色を補正して読みやすくしたりすることができます。また、[視点を調整]機能を使うと、実際には座ったまま、立った状態でVRを体験できます。

詳しくはこちら

Questは、座ったままでも立った状態の視点でVRを体験できる「高くした視点」など、VRをよりインクルーシブにする機能を備えています。

詳しくはこちら

写真や動画の撮影中はLEDが点灯し、周囲の人に撮影していることを知らせます。

詳しくはこちら
髪を染めた人が微笑んでいる様子

利用者を驚かせない

Metaは新しいつながりの形を生み出しています。だからこそ、どのようなデータをどのような理由で収集するのかを明確に伝えることが不可欠です。また、Meta製品の責任ある利用のためのリソースやアドバイスを提供することも欠かせません。

Quest Proで外部カメラを使用している場合や周囲確認モードがオンになっている場合は、LEDライトが点灯して周囲の人に知らせます。

詳しくはこちら

プライバシー設定で、自分の情報やQuestでのアクティビティを見ることができる人を選択できます。

詳しくはこちら

スマートグラスの着用時に守るべきマナーに関するアドバイスにアクセスできます。

詳しくはこちら
屋外の日差しの中でRay-Ban Storiesスマートグラスをオンにしている女性。
Image of Meta logo

Metaのニュースをもっと見る

すべてのニュースを見る