Skip to content

皆で行う支援

人々は毎日、FacebookやInstagramでネットワークを活用して、親切心を引き出したり、自分にとって大切なことをサポートしたりしています。医療研究への資金援助から、困っている子どもたちへの学用品の寄付や、人種正義に向けた取り組みの支援まで、私たちは力を合わせてもっと多くのことができるはずです。あらゆる寄付は、金額の大小とは関係なく、違いを生み出します。

graphic of world map

FacebookとInstagramでの募金キャンペーンを通じて、現在までに非営利団体と個人による慈善活動に70億ドルを超える寄付が寄せられています。

寄付をする理由

OGGIE DOYLE氏の事例

Pietaへの募金活動: 自殺と自傷行為の防止に向けて

2020年3月、Oggie Doyle氏は、長く心の病気を患っていた友人が亡くなったことを知りました。このことをきっかけに同氏は、自殺と自傷行為を防ぐサポートラインPietaに500ユーロの資金を調達する目標を立てました。Facebookの友人たちの支援のおかげで、24,000ユーロ近くを集めることに成功しました。この募金はPietaの活動を支援することになり、危機的な状況にある人々や、誰かを自殺によって亡くした人々のサポートのために役立てられます。

Portrait of Oggie Doyle outside

YURIKO TSE氏の事例

13th Street Cat Rescue

2016年、Yuriko Tse氏は、地元のキャットシェルター「13th Street Cat Rescue」を通じて、家族を探していたシニア猫フランクの里親になりました。そのあと毎年、自分の誕生日に、ボランティアで運営されているこの団体に寄付を募っています。世界中の何百人もの人々がこの猫救済活動に寄付をした結果、医療、保護活動、物資用の資金として65,000ドル以上が集まりました。

Portrait of Yuriko Tse holding a cat

TVISHA NEPANI氏の事例

Students Against Period Poverty (SAPP)

ベイエリアの地元コミュニティの少女や女性たちが、ナプキンやタンポンを買う余裕がなく、ティッシュペーパーや靴下などを生理用品として使っていることを知ったTvisha Nepani氏は、この人たちを何とか支援したいと考えました。高校入学前の夏、同氏はFacebookで「Students Against Period Poverty」を支援するFacebook募金キャンペーンを立ち上げ、困っている女性たちに生理用品セットを届けるために寄付を募りました。このキャンペーンを通じて集まった金額は2,000ドル以上に達し、11,000点以上の生理用品を、ベイエリア在住の275人の女性や少女たちに届けることができました。